女将のBLOG

割烹本郷の女将が、おすすめのお料理や旬の食材のご案内など、不定期で更新しています。

太刀魚の南蛮焼き

白葱を太刀魚で巻いて焼いたお料理「太刀魚の南蛮焼き」

 

主になる素材と葱を使ったお料理を「南蛮」と言います。

 

南蛮人が好んで健康維持や殺菌のために食べていたことから「葱」を「南蛮」と言うようになったそうです。

 

健康維持や殺菌! コロナウイルスの予防に効くと良いですね

赤貝

お造りの盛り合わせの一品に、大阪 泉州の「赤貝」が入っています。

 

赤貝は、貝には珍しく人と同じようにヘモグロビンを含んだ血を持っています。

 

鉄分を多く含んでいるので、貧血気味の形にお勧めです。

 

色鮮やかで香りが良くくせがなく、貝の甘味 美味しさを味わって頂けます。

 

盛り付ける前に店主がカウンターのまな板に赤貝を叩き付ける技は、赤貝の身を引き締め歯ごたえのあるコリコリとした食感をお楽しみ頂く為です。

 

カウンター席にて、店主の技をお楽しみ下さい。

 

 

飯蛸

初春の味わい 「飯蛸」

 

頭のように見える胴部にぎっしりと詰まった卵胞が米粒のように見える事から名が付いた言われています。

 

煮付けて美味しく、甘味とほどよい旨味が味わえます。

 

野菜煮と共にお楽しみ下さい。

 

 

若牛蒡

大阪の八尾の「若牛蒡」

 

牛蒡と言うと、茶色の太い根が牛蒡ですが、この若牛蒡は葉・軸・根の全てを食べることが出来る野菜です。

 

初めて食べて牛蒡と聞いて、びっくりしました。

 

頂くと、本当に牛蒡!

 

シャキシャキとした歯触りに春の香り豊かな野菜です。

 

食物繊維や鉄分やカルシウムが多く含まれていて大変栄養価の高い野菜だそうです。

 

「春を告げる野菜」とも言われているようです、是非 お召し上がり頂きたいお勧めの野菜です。

棒鱈

おせち料理に欠かせない「棒鱈」ですが、棒鱈は縁起物ではなく保存食で日持ちがするため

おせち料理に欠かせない逸品になりました。

 

干した棒鱈を日にちをかけ水で戻し、じっくりと煮込むことで骨まで食べることが出来、ほろほろとした食感と旨味がたっぷり味わえます。

 

丁寧な仕事こそがその旨味につながります。